【ニンジンボク・人参木】

製油などが含まれる。
腎臓に良いと言われ、利尿作用があります。
強壮、食欲不振、消化不良、手足の冷え、下痢などにも良いとされています。
昔から腎臓病の特効薬として熊本では『細川藩門外不出の薬草』とされていました。
「ニンジンボク」という名前ですが、ニンジンとは関係がなく、一説には当時「朝鮮人参」が体に良いとされていたため、体に良いこの植物を「ニンジンボク」と呼んだようです。

新芽の赤いところは天ぷらにして、茎や葉をお茶として、若葉は佃煮にして食べます。


ニンジンボク
 


このサイト内にある全ての画像・テキスト・ソース等の無断での使用を禁止します

<磐石ローヤルゼリー株式会社>