はちみつとは・・・
 はちみつは、ミツバチが花から集めてきた蜜を一度体内の酵素で消化し、巣に貯めたものです。琥珀色のトロリとした液状で、とても甘く栄養価の高い食品です。
 花の種類によって、色や香りが異なります。昔からよく知られているのは「レンゲ蜜」。上品でくせがなく、昔から親しまれているはちみつです。
  全国でも有数のみかんの産地である熊本では「みかん蜜」がよく採れます。レンゲに比べると少し酸味があり、さっぱりとしてフルーティーな味で、女性に人気があります。
 他にも「はぜ蜜」や、秋には「そば蜜」「栗蜜」などを採取する養蜂家もあります。

はちみつが出来るまで

<花蜜を集めます>
 ミツバチの社会は一匹の女王蜂を中心に、約3〜5万匹の働き蜂と約1000匹の雄蜂によって構成されています。その中で蜜を集めるのは働き蜂だけです。一匹の働き蜂が集める蜜の量は、多くても1回に50mgくらいで、彼女たちは自分の体重100mgの半分の重さの蜜を抱えて1日に10回以上も空を飛びます。1kgの蜜を集めるためには、2万回以上の空を飛ばなくてはならないというわけです。

<花蜜からハチミツへ>
 働き蜂が花から採る花蜜は砂糖水と同じような物です。これを蜜を集めに出ていった働き蜂は体内(蜜嚢=人間の胃に相当する場所)に吸い込み、巣に帰ると口移しで巣の中にいる働き蜂に渡します。受け取った働き蜂は、これを口で薄く伸ばしながら、羽で風を送って水分を蒸発させます。20分程度で60%くらいになります。(巣に持ち帰った花蜜の濃度は40%くらい)これを更に熟成させ80%の濃度に完熟すると、いよいよハチミツの出来上がりです。出来上がったハチミツはロウの蓋で密封して貯蔵しておきます。
※参考:ダンスで伝える情報
働き蜂は奇妙なダンス自分のみつけた花の場所を仲間に教えます。蜜源がすぐ近くの時は円形ダンス、少し離れている時は8の字の尻振りダンスを踊って、花の方向と巣箱を太陽を結ぶ線から見た角度で示します。花までの距離はダンスのテンポで示し、遠いほどゆっくり踊ります。このダンスを発見したドイツのフリッシュ博士は1973年にノーベル賞を受賞しました。

はちみつの性質
浸透性

 はちみつの主成分の糖質はほとんどが単糖類であるブドウ糖と果糖が中心です。砂糖などの多糖類を主成分とした甘味量と比べると構造が単純で、これ以上分解される必要がなく、飲めば短時間で腸壁から吸収されて血管の中に入り込みます。このように浸透性が高いので、体力の落ちた病人やお年寄りには負担がかかりにくく、身体に優しく吸収されます。

保水性

 はちみつには、水分を保ち蒸発を防ぐ性質があります。ケーキに砂糖の代わりにハチミツを使えば、日が経ってもしっとりとして堅くなりにくくなります。これははちみつの持つ保水効果によるものです。

殺菌力

 はちみつの中に菌を入れると、赤痢菌が10時間、チフス菌と大腸菌は48時間で死滅してしまいます。このようにはちみつ自体が強い殺菌力を持っていますので、はちみつを常温で保存しても腐敗の心配がなく、最も安全な食品といえます。
1913年アメリカの考古学者がピラミッドを発掘した際、3300年前のハチミツの瓶を発見し、蓋を取ってみたところ中のはちみつが全然変質していなかったという記録も残っています。

結晶

 巣から採取した時は透明ですが、ビンや容器に入れて約半年〜1年で、だいたいのハチミツは結晶します。‘だいたい’というのは、蜜源によって結晶しやすい蜜としにくい蜜があり、結晶の状態もまちまちだからです。ハチミツの主成分はブドウ糖と果糖ですが、結晶の原因になるのはブドウ糖で、ブドウ糖の多く含まれるハチミツは結晶しやすいと言うことになります。この結晶作用はハチミツの物理性による物ですので、品質や栄養素の変化変質ではありません。

■ こんな時にハチミツは結晶しやすくなります

・ハチミツの中の天然ブドウ糖が果糖より多い場合
・外気温が15〜16℃以下になった場合
・置き場所、室温、日射の状況が頻繁に変化する場合

■ 結晶したハチミツを液状に戻すには
・50℃以下のお湯でゆっくりと湯煎します
お鍋などにお湯を張って、あらかじめ蓋をはずした(酵素が生きている天然のはちみつは蓋をしたままで湯煎すると発酵して蓋が飛ぶことがあります)容器を、直接鍋底にあたらないようにお皿などで間を取り、結晶が溶け出したらスプーンなどでかきまぜながら溶かすと、綺麗に液状に戻ります。(高い温度で湯煎するとビタミンや酵素、その他の熱に弱い有効成分が破壊されます。
※発泡スチロールなどの保温性が高い容器を使うとお湯が冷めにくく簡単です。
※少量で湯煎すると短時間で終わります


ハチミツの主な成分と種類

はちみつの成分
 はちみつには豊富なビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれています。

 
はちみつの種類
 はちみつは花の種類によって、味・香り・色が異なります。



ハチミツの使い方

>>毎日の食生活に
 はちみつには整腸作用があり、腸の中の雑菌を抑え、善玉菌であるビフィズス菌を増やします。さらにピロリ菌を殺傷するとも言われ、ハチミツをたくさん消費する国は、胃ガンの発症が少ないという報告もあります。 

>>ダイエットに
 はちみつ100gあたりのカロリーは294kcal。同じ量の砂糖と比べると1/3程度少なくなります。更にはちみつはそのまま素早く消化吸収され、エネルギー源として消費されるため、ダイエットに最適の食品です。 

>>食べても塗っても
 はちみつは食べて良いばかりではなく、肌や髪などにコスメ的な感覚でもお使いいただけます。ミネラルが豊富に含まれ、保湿効果も高いので顔や髪にパックとして使用すると美顔・美髪効果も期待できます。乾燥して荒れた唇に、はちみつを塗って一晩おくなどしても使えます。また、抗菌、抗炎症作用が認められるため、傷口や火傷などに薬代わりに使う国もあります。

はちみつの使い方のご紹介

 ※その他お好みで色々な用途でお使いいただけます。

ハチミツの豆知識

ハチミツは紅茶に入れるとなんで黒くなるの?

紅茶などには「タンニン」と呼ばれる色素成分が含まれていて、これがハチミツの中に含まれる鉄分と反応すると「タンニン鉄」という物質に変化し、ハチミツの中のタンパク質に付着して黒い沈殿物を形成します。これが「紅茶が黒くなる」原因です。これらの物質はいずれも人体には全く無害なミネラル成分です。レモンの輪切りを入れると、タンニン鉄が分解され元に戻り紅茶の黒ずみは消えます。


幼児は食べたらいけないの?

ハチミツは自然のもので、その中にはボツリヌス菌の芽胞が混入している場合があります。この菌の芽胞は、大人の酸性に保たれた消化器官の中では発芽できませんが、8ヶ月未満の新生児のように未完成な腸内では発芽する可能性があると考えられています。これは非常に稀なケースで国内での事例はありませんが念のために1歳未満の乳児にはたべさせないように警告されています。なお、加熱により消滅しますので、ハチミツを使った料理などは影響ありません。


バーモント民間療法

アメリカのバーモント地方は健康なお年寄りが多く、その理由はハチミツとリンゴ酢にあると言われています。この地方の人々は、毎日ハチミツを茶さじくらいのスプーン3杯程度にリンゴ酢を1杯加えた物を水またはお湯で薄めて1日5〜6回飲む週間があります。このことが「バーモント民間療法」として世界に広く知られています。


ハネムーンの由来

古代ゲルマン民族の風習に「ハネムーン」の起源があります。「HONEY MOON(ハニームーン)」、つまり新婚から1ヶ月の間ハチミツで作ったお酒‘蜜酒’を飲む風習がありました。この期間が「ハネムーン」だったという訳です。このように、養蜂とハチミツは古代から人間の生活に結びついていたようです。